ホホバオイルとは?

ホホバオイルとは

ホホバオイルについて解説

ホホバオイルとは?

砂漠で育つ「ホホバ」という植物の種子から抽出されたのが「ホホバオイル」。栄養価や安全性が高く、古代より食用・ヘアケア・スキンケアに重宝されてきました。

ホホバの木とは?

ホホバはアメリカやメキシコを原産とする樹高5m程度の常緑低木です。今では、オーストラリアやイスラエルなどでも栽培されています。日本では、茨城県にある筑波実験植物園の温室でみることができます。

ホホバの花 筑波実験植物園より

ホホバは降水量も極端に少なく過酷な地域で育つ植物なので、貴重なな水分の放出を防ぐためワックスエステルという成分を作り自らの生命を維持しているのです。そんなホホバの木の実をすり潰してとれるオイルがホホバオイルなのです。

成分ワックスエステル

ホホバオイルの主成分は「ワックスエステル」というもので、人間の皮脂にも実は約20-30%ほどワックスエステルが含まれているため、 とても馴染みやすく、浸透しやすいのです。 また、ほとんど酸化しないことでも有名です。肌の乾燥防止・傷の治療・火傷や湿疹の治療・ヘアケア等に使用され、スキンケアオイルやマッサージオイルの中では最高級で万能なオイルとして知られています。

ホホバオイルの効果

皮脂バランス調整作用、保湿作用、殺菌作用、反バクテリア作用、抗炎症作用、乾癬・湿疹の改善、消炎作用、関節炎・リウマチの緩和など 万能オイルといってもいいラインナップです。

上記のような作用があることから、大人ニキビの改善、脂漏性皮膚炎の改善、アトピー性皮膚炎の改善、頭皮のかゆみの改善、また植物由来で優しくアレルギー反応もでにくいことから赤ちゃんのかぶれなのどにも幅広くご利用いただけます。

冬場の凝固

ある程度温度の低いところでは凝固します。 ちなみに常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがあります。温度が低くなると凝固したり、沈殿したようになりますが品質には問題ありません。湯銭などで均一に溶かして通常通り使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました